Googleアドセンスの所有者サイトの登録でアドセンス狩り対策を!


多くの人はGoogleアドセンスの利用規約をきちんと守って運営されていると思います!

利用規約に違反するとアカウントが停止されてしまいますからね…汗

突然ですが、『アドセンス狩り』という言葉を知っていますか?

このアドセンス狩りの被害に合うと、規約違反に追い込んでアカウント停止にされてしまう可能性があるんです!

順調に収益が発生していたのに、突然使えないなんて恐ろしいですよね…(*_*)

今回はGoogleアドセンスの所有者サイトの登録でアドセンス狩り対策を行っていきましょう。


アドセンス狩りとは?

冒頭で少しお話した『アドセンス狩り』ですが、一体どのような事なのでしょうか?

アドセンス狩りとは、あなたとは関係ない第三者が不正行為を行うことで、あなたのアドセンスアカウントを停止に追い込む恐ろしい行為の事を言います。

アドセンスで今の収益を確認しようと思ったら、突然警告が来て、最悪の場合アカウント停止なんて事があるかもしれません…。

何故、あなたとは関係のない第三者がこのような事を行うかというと。

自分以外の誰かが稼いでいる事を面白くない事などから、このような行為を行ってしまうと言われています。

あなた自身はアドセンス規約もきちんと守って、検索してたどり着いてくれた方に有益な情報を提供していたとしても、アドセンス狩りに遭ってしまうと、上記のような被害が想定されます。

関係ない第三者から面白くないという理由で、アカウント停止にされてしまうなんて納得出来ないですよね…。

ちなみに何故、あなたのアカウントを停止に出来るかというと、サイトのソースコードにあなたのアドセンス広告コードが表示されているからです!

アカウント停止にされる前に、自分のサイトを守る為『所有者サイト』の登録をしておきましょう。


所有者サイトの登録で対策を!

早速アドセンス狩り対策に『所有者サイト』の登録をしていきましょう!

①Googleアドセンスにログインし、設定をクリックします。

②設定の細かい項目が表示されたら、自分のサイトをクリックします。

③自分のサイトをクリックするとサマリーが表示されるので、こちらをクリックします。

④サマリーの管理ページ右上に、丸い青に白で+のアイコンがあるのでクリックします。

⑤新しいサイトのURLを入力して、サイトを追加をクリックします。

新しいサイトのURLを入力する際、『http://』や『https://』といった最初の文字は入力しなくて問題ありません。

これでGoogleアドセンスに『所有者サイト』の登録が完了です!

きちんと登録されると④にあるように、緑のチェックで登録されているURLが表示されますよ。

これで第三者にソースコードを貼られても、自分のサイトでは無いのでアカウント停止を防ぐことが出来ます!

ちなみに、もし新しいサイトを追加してアドセンス広告を貼り付けたい場合は、上記と同様に新しいサイトのURLを登録しないと報酬が発生しないので注意が必要です。

アドセンス広告の種類とクリック率が高いものは?コード設定方法も解説

2018.05.02

まとめ

・アドセンス狩りの被害に合うとGoogleアカウント停止に追い込まれる可能性がある。

・所有者サイトの登録をすれば、自分のサイト以外に広告コードを貼られても安心!

・自分の新しいサイトを作った場合、新しいURLを登録する必要がある!

アドセンス広告の設置でクリック率の高い配置場所は?枚数制限は文字数で変わる?

2018.05.05

今回の記事はここまでです。
お役に立てれば幸いです!

何かご質問などがあれば、お気軽に相談してみてくださいね­(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です