AdSense Plugin WP QUADSの使い方や設定方法は?記事中に広告を簡単挿入!


アドセンス審査に合格したら、いよいよ記事中に広告コードを貼り付けてアドセンスブログがスタートですね。

しかし、毎回広告コードを入力するのは面倒…。
『AdSense Plugin WP QUADS』を使えば、あの長〜い広告コードを毎回入力せずに広告を挿入できます!

今回はAdSense Plugin WP QUADSの使い方や設定方法を解説して参ります。


 AdSense Plugin WP QUADSの設定方法は?

アドセンスの審査通ればこれから本格的にスタートですね!

早速、毎回広告コードを入力しなくても良い『AdSense Plugin WP QUADS』の設定をしていきましょう。

ちなみに僕を使っていた『Adsense Manager』という同じようなプラグインがあります。

しかし、ずいぶん更新されずセキュリティ面で不安を感じますし、プラグインを検索しても表示されなので、きっちりと更新されている『AdSense Plugin WP QUADS』をオススメします!

インストール方法と有効化

プラグインの新規追加で『AdSense Plugin WP QUADS』と検索し、『今すぐインストール』を選択します。

その後『有効化』までしておきましょう。

広告コードの設定方法

次に『AdSense Plugin WP QUADS』に広告コードを入力し設定していきます。

ワードプレスのログインページ下の方に『WP QUADS』が追加されているので『Ad Settings』を選択します。

そして『GENERAL』→『ADSENSE CODE』を選択しましょう。

『ADSENSE CODE』を開くと『Ad 1』〜『Ad 10』まで表示されるので、『Ad 1』へ広告コードを設定していきます。

広告の配置場所によってサイズを変えたりする場合があるので、その場合は『Ad 2』『Ad 3』と設定しておけばすごく便利ですよ!

『Ad 1』を開くと次のような画面が表示されるので、一番大きな空欄に広告コードを設定します。

『Layout』は真ん中を選択すると見やすいですね。

最後に『設定を保存』すればこれで設定完了です!

『Ad2』〜『Ad 10』も同じように設定していけば良いですね。

Google日本語入力のインストールや設定方法は?単語登録で作業スピードが2倍に!

2017.07.30

 AdSense Plugin WP QUADSの使い方は?

上記ではインストールと広告コードの設定を解説してきました。

広告コードの設定を完了したら、あとは記事中に挿入していきます。

先ほど設定した『WP QUADS』→『Ad Setting』→『ADSENSE CODE』を改めて表示します。

すでに広告コードを入力していると思いますが、その下に

というタグがあります。
投稿画面のビジュアルエディターに入力すれば広告が表示されますよ!

一緒にどんな感じか確認してみましょう。

ビジュアルエディターで

と入力なので間違えないくださいね!

またテキストエディターでも入力する事が出来ます。

テキストエディターに切り替えると『Ads1』というボタンが追加されています!
それを押せば<!–Ads1–>と入力してくれます。

一度設定してしまえば毎回広告コードをコピーせずに済むので非常に便利ですよ!

ビジュアルエディターでボタンを作りたい場合は『Add Quicktag』というプラグインから設定すれば便利ですね。

Add Quicktagの設定方法や使い方は?ペナルティとタグ入力から解放で効率アップ

2017.10.07


まとめ

『AdSense Plugin WP QUADS』を使えば広告コードを毎回入力しなくても良い。

・『Adsense Manager』が表示されず使えない場合もオススメ!

・広告に合わせて『Ad 1』〜『Ad 10』まで事前に設定する事が出来る!

Auto Post Thumbnailの使い方や設定方法は?面倒なアイキャッチを自動表示!

2017.08.10

今回の記事はここまでです。
お役に立てれば幸いです!

何かご質問があれば相談してみてくださいね­(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です